ニュース

カテゴリ 特集・連載

iPhoneの音楽を高音質で聴く方法:イコライザーを使いこなそう!

2013/10/14 13:30

iPhoneの音楽を高音質で聴く方法:イコライザーを使いこなそう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

google+

pocket

follow us in feedly

 iPhoneで聴く音楽を、もっと違う音質で楽しみたい。

music_girl

 そんな方、実はiPhoneにイコライザー機能が付いているのはご存知でしょうか?

 

イコライザーって?

  イコライザー(EQ)とは、特定の周波数を上げたり下げたりすることで適切な音質に変える機能のこと。

eq9

 上の図はiTunesのイコライザー機能。左端の「32Hz」あたりが低い音、右端の「16KHz」が高い音です。それぞれの音域だけをボリューム調整することで、聞こえ方を変えることができます。

 

iPhoneでの設定は超簡単

 iPhoneでEQを設定するのは簡単です。「設定 > ミュージック > イコライザ」の中から、好きな項目を選択すればOK。

eq1 eq2

 ここで選択したEQ設定は、iPhoneに入っている音楽すべてに適用されます。(曲単位で設定することはできません)

 

おすすめの設定は?

 

 EQの設定は数が多く、結局どれが最適なの?って思いますよね。

 ということで、オススメの設定をいくつかピックアップしてみました。

 

低音が耳にガツン!Bass Booster

 

eq8

 イヤホンは構造上、どうしても低音が出にくくなってしまいます。「Bass Booster」は、そんな低音をガツンと持ち上げてくれます。ドラムのキック音やベースの音がより鮮明に聞こえ、グルーヴ感が増します。

 

ストリングスに厚みが増す!Classical

 

eq4

 クラシック音楽の最適なのは「Classical」。低音を持ち上げることで音の重みを増し、同時に高音を持ち上げることでストリングスに伸びを持たせます。

 

リズムを更に感じたいなら!Dance

 

eq5

 64Hz〜125Hzを大胆に持ち上げ、ドラムやベースなどの低音類に厚みを持たせています。また、2K〜4KHzあたりはキックドラムのアタック音も含まれるので、リズムをモロに感じることができます。

 

標準イヤホンに最適化!EarPods

 

eq6

 Apple標準のイヤホン「EarPods」に最適化された設定ならコレ。どの設定がいいか分からなかったら、ひとまずコレを選んでみるといいですよ!

 

ボーカルがより鮮明に!Pop

 

eq7

 「Pop」は、500〜4KHzを持ち上げる設定。ここはちょうど人間の声をカバーする音域なので、ボーカルをもっと聞きたいならこの設定がオススメです。

 

もっと細かく設定するには?

 

 さて、ここまでは標準アプリ以外を一切使わずにEQを使う方法をご紹介してきましたが、自分でもっと細かく調整したい、という方も出てくるかと思います。

 そんな方にはこのアプリがオススメ。

Denon Audio

価格:無料

カテゴリ:ミュージック

 このアプリがあれば、自分の好きにEQを設定できます。(アプリは無料ですが、EQ機能は170円でアンロックできます)

 使い方は簡単。アプリを起動して、聴きたい音楽を再生するだけ。

denon_eq1 denon_eq2

 

  このアプリのEQの特徴は2つ。

 ・聴いている曲をリアルタイムにアナライズできること

・バンド数が無制限なこと

 流れている音楽の周波数の特徴を見ながらEQを調整できるのと、山/谷の点(これをバンドといいます)が自由自在に追加/削除できるので…

denon_eq3

 こんな事もできるんです!(別にやらないけど)

 

これでEQマスター!

 

 今聴いている音楽を一歩高級な音質で楽しむために、今回ご紹介したテクニックを参考にしてみてください!

 

ライター:いっしー

このエントリーをはてなブックマークに追加

google+

pocket

follow us in feedly

Related 関連記事

ページの上に戻る