ニュース

カテゴリ アプリニュース

Twitterが「User Streams API」を今日から廃止。サードパーティ製のアプリはリアルタイムでの更新が不可、返信やいいね、DMなどの各種プッシュ通知も遅れや無効に

2018/08/16 11:29

Twitterが「User Streams API」を今日から廃止。サードパーティ製のアプリはリアルタイムでの更新が不可、返信やいいね、DMなどの各種プッシュ通知も遅れや無効に

このエントリーをはてなブックマークに追加

google+

pocket

follow us in feedly

 2018年8月16日(木)本日より段階的に、Twitterが提供する「User Streams API」が廃止となります。

 これによりTwitter公式アプリ以外のほとんどのサードパーティ製アプリはリアルタイムでの更新ができなくなる対応を迫られることとなり、また一部の機能はプッシュ通知が今までより取得が遅くなる、また通知自体ができなくなる機能があるなどことごとく機能が制限されていくこととなります。

 例えばiOSで代表的な人気有料アプリ「Tweetbot 4 for Twitter」もアップデートを実施、ストリーミング更新の廃止を始め、返信とDMのプッシュ通知の遅れ、いいね・RT・フォロー・引用のプッシュ通知は無効化などかなりの機能がなくなります。

Tweetbot 4 for Twitter

価格:600円

カテゴリ:ソーシャルネットワーキング

 アップデートの詳細内容は以下。

- WiFiでのタイムラインストリーミングが無効に。代わりにタイムラインは、1〜2分ごとに自動的更新となる。
– メンションとダイレクトメッセージのプッシュ通知が数分遅れるように。
– いいね、RT、フォロー、および引用のプッシュ通知が無効に。機能が復活可能か調査中。
– [アクティビティ]タブと[統計]タブが削除。
– アクティビティデータに大きく依存するウォッチアプリが削除。

 このアプリだけでなく、他大多数のアプリが影響をうけており、ストリーミング以外ではDMも新しいAPIに対応しなければいけないということもあり、DM自体を削除するアプリや、アプリ自体の提供を断念せざるを得ないものも数多くあるようです。

 Twitterとしては公式アプリを使って欲しいということなのでしょうが、正直公式アプリは不要なオススメツイートや時系列に並ばない、いいね!を勝手にTLに晒すなど勝手な挙動でノイズを含めてくることが多く、Twitterを多用する人ほど嫌う傾向にあります。

 もちろん、そのノイズ(と感じる)部分にPRなどTwitter本体への収益となるものが含まれており、本体自体を維持するための施策ということは理解はできなくないのですが、使い勝手のいいサード製アプリを切り離せば、公式に移行する前にその時点でTwitterから離れてしまうユーザーもいる可能性があり、なんとかならないかと思う次第です。

Twitter

価格:無料

カテゴリ:ニュース

ライター名

この記事を書いた人

イマ&ムラ

このエントリーをはてなブックマークに追加

google+

pocket

follow us in feedly

Related 関連記事

ページの上に戻る