ニュース

カテゴリ 特集・連載

Googleの開発したAR空間にお絵かきできるアプリ「Just a Line」が凄い。iOSとAndroid、OSやデバイスを超えて同じ空間にお絵かきが可能

2018/06/01 08:15

Googleの開発したAR空間にお絵かきできるアプリ「Just a Line」が凄い。iOSとAndroid、OSやデバイスを超えて同じ空間にお絵かきが可能

このエントリーをはてなブックマークに追加

google+

pocket

follow us in feedly

 GoogleがiOS向けにAR空間お絵かきアプリ「Just a Line – Draw in AR」をリリースしています。

 このアプリはAndroidではすでに先行してリリースされている「カメラを通してみるAR空間に自由に手書きでお絵かきができる」アプリ。

 シンプルな作りで、起動するとまずカメラを通して周辺を少し認識したらOK、あとはカメラファインダー画面に指で線を書くとそれがAR空間に描かれていきます。

 ARなので、書いた線や絵を周りこんで見たりすることが可能となっています。

justaline_07 justaline_08

 そして今回のiOS版リリースに合わせて、OS間を超えた複数デバイスでのARお絵かきのリアルタイム共有に対応しています。

 共有するにはアプリ画面右下にあるペアアイコンをタップ。2つの端末で同じ様にガイドに従っていけば共有ができます。

SONY DSC

 そして実際に片方の端末で線を書いてみると、両方の端末に表示!

SONY DSC

 1人の時同様ですが、片方で回り込んで見ることも可能。ちゃんと文字が反転しているのがわかります。

SONY DSC

 まだ共有時の読み込みに少し欠けがあったりもしますが、同じ空間に二人でワイワイ書き込めるというのはかなり斬新です。

justaline_17

 Androidデバイスはこのアプリを使える端末条件が厳しめですが、iOSはiPhone 6s, iOS11.3移行であれば対応しています。手軽に未来感を味わえますよ。

Just a Line – Draw in AR

価格:無料

カテゴリ:エンターテインメント

ライター名

この記事を書いた人

イマ&ムラ

このエントリーをはてなブックマークに追加

google+

pocket

follow us in feedly

Related 関連記事

ページの上に戻る